企業情報

決算

第34期(令和元年度)の決算等の概要

 当期(令和元年度)におけるわが国の経済は、緩やかな回復傾向が続き、またこの地域の企業の業績も好調に推移しました。

 当社では中期経営計画に基づき、地域から親しまれ「安全で信頼される鉄道」「便利な鉄道」「健全な鉄道」を目指し、事業を通じて地域社会の発展に貢献してまいりました。

 収入の確保としましては、県及び沿線四市との共催による「愛環ぶらっとウォーキング」により沿線地域へのお客様誘致に取り組んだほか、高架下の活用促進等による関連事業収入の確保にも努めました。

 こうした中、本年に入り新型コロナウイルス感染症が国内外で大流行し、3月はその影響を含め前年に比べ20.1%の減収となりましたが、年度当初から輸送人員が前年を上回り堅調に推移したこともあり、運輸収入は対前期比2.3%増、輸送人員も対前期比2.0%増の1,883万人となりました。

 当期の売上高は48億8千6百万円、営業費用は48億9千3百万円となり営業損失は6百万円となりました。

 また、経常利益は2千万円となり、補助金の受入等により当期の純利益は5千6百万円となりました。


Copyright © Aichi Loop Railway Co.,Ltd. All Rights Reserved.